金魚を擬人化する企画

アイコンをクリックすると対象のイラストがある位置まで飛びます。

和金

wikipedia(詳細)

断片的な詳細

中国の晋の時代で、フナの突然変異である赤いフナが発見され、そのヒブナが全ての金魚の祖先となりました。
現在ある金魚の品種は和金から派生しているため、金魚の原点種。
日本には室町時代中期に大阪の界隈に伝来したとされてます。
日本で最も流通していたため、他の金魚が増えた際に和の金魚として和金と名付けられました。

擬人化・作者コメント

和金はすべての金魚の原種であり、そのことから少し威圧感を出したいと思い、「長」として男性にしました。
ですが威圧感といえども金魚ですから、愛嬌のある顔にしました。
服装は中国の道服を意識しましたが、日本由来の名称でもあるため着物とをあわせた特徴的な格好にし、高貴な色とされる紫色で帯ヒレをつけました。
両国が混ざり、なおかつ威風堂々と構える姿を感じて下さると幸いです。

Daigon

上に戻る

wakinn

琉金

wikipedia(詳細)

断片的な詳細

和金の突然変異で出現した金魚で、尾ヒレの長い固体で固定化された品種です。
日本へ渡来した時期は安永と言われており、中国から琉球を経て薩摩に持ち込まれたとされています。
琉球から渡来したことから「琉」の金魚という意味で名付けられました。

あま鴉

上に戻る

ryuukinn

ピンポンパール

wikipedia(詳細)

断片的な詳細

ピンポンパールは、珍珠鱗の短尾で丸手の個体を選抜交配して固定化したものです。
病気にかかりやすく死にやすい反面、女性にとても人気のある金魚です。

桜梓

上に戻る

pinnponnpa-ru

和蘭獅子頭

wikipedia(詳細)

断片的な詳細

頭部のコブが発達した琉金の突然変異個体を選別し、固定化された品種です。
江戸の寛政に中国から琉球を経て、長崎に渡来したとされています。
名称は、当時の日本が珍しい渡来物をオランダの物として考えていたため、中国原種にもかかわらずオランダという名前がついています。

itinen

上に戻る

oranndasisigasira-2

出目金

wikipedia(詳細)

断片的な詳細

琉金の突然変異種であり、明治時代に中国より渡来しました。
琉金が病的原因などで眼球が突出したのを利用して作出されたのが赤出目金です。
その後に、黒出目金や三色出目金が突然変異で出現しました。

擬人化・作者コメント

出目金の飛び出た目を大きな丸眼鏡で表しました。
体に対して以上に飛び出た目という少し歪な印象の金魚なので、子供らしい華奢な体をしているけれど、表情はどこか子供らしくない少女の姿にしました。
こっそり金魚鉢から抜け出してきたところをうっかり見つかってしまったというシチュエーションです。

ncls

上に戻る

demekinn

水泡眼

wikipedia(詳細)

断片的な詳細

中国では長い間、門外不出とされていた品種であり、デメキンの突然変異によりチョウテンガンと同時期に作出された説がある。
上向きの眼球と眼の左右に付く風船のような水泡状の袋があり、中にはリンパ液が満たされている。
日本に輸入された中国金魚の代表格であり、需要が高い分、流通量も比較的多い。

擬人化・作者コメント

水泡眼の特徴である袋を人間につけるには大き過ぎると思い、頬を少しふっくらさせて後を髪の毛のボリュームでカバーしました。
服は、中国産ということなのでカンフーシューズと、個人的なイメージで少し丈が短く幅が狭い、チャイナ服のズボンのようなものを着させてみました。
袖と裾はヒレ、水中の生物なので涼しそうなシースルーで表現してみました。
動きが鈍く他の金魚と飼うといじめられてしまうらしいので少しおっとりした感じです。

アマネツユ

上に戻る

suihougan